熱制御技術で省エネを提案する浜松ヒートテック浜松ヒートテック 会社概要
浜松ヒートテック

トップページ > 会社概要・ごあいさつ > 会社方針                       

 



 
伝統と最先端。
2つの融合から生まれる“熱制御テクノロジー”
  現代のあらゆる産業界の製造プロセスの中から、“熱制御技術”の存在を省くことは不可能です。溶解・素材生産などをはじめ、カタチを形成するあらゆるものに“熱”の力学が働いています。
  浜松ヒートテックは、1952年の創業以来、耐火材料の販売、工業炉の設計・製作をメインに、熱制御分野における専門技術の研究を重ねてまいりました。その歩みの中で培った“熱”に対する専門知識と独自ノウハウ、それに加えて、幅広い情報ネットワークや素材メーカーとの強力な連携によって、熱制御専門メーカーとしてのポジションを確立するに至っております。現在では、今まで蓄積された実績と熱制御技術に対する専門性が注目され、全国的な評価をいただいています。

弊社環境方針はこちらからご覧ください。






▲ページトップへ
 
社名/ 浜松ヒートテック株式会社
創業/ 1952年1月
資本金/ 3,000万円
代表者/ 代表取締役  綿貫雅敏




▲ページトップへ
 
・省エネルギー診断とエネルギーコンサルタント
・ファインセラミックスの製品開発と応用技術
・アルミ鋳造製品の品質向上システム
・工業炉の開発・設計及び製作
・工業用計器、工業薬品類の販売




▲ページトップへ
 
1952年/ 耐火製品の販売を主として創業
1963年/ 法人組織とする
1974年/ 資本金1,000万円に増資
1987年/ 資本金2,000万円に増資
1989年/ 静岡県より中小企業技術研究開発補助金の交付を受ける
1989年/ 第1回こども陶芸展を行い、陶芸倶楽部の奉仕活動による福祉施設の作品を展示する
1990年/ 通商産業省テクノポリス計画の中の「浜松地域テクノポリス」に進出が決定する
1991年/ 資本金を3,000万に増資
1991年/ 通商産業省および、静岡県より地域産業活性化基金の助成金を受ける
1992年/ テクノポリス内に開発センターを建設し、開発業務をさらに推進する。
1992年/ 企業改革に取り組み、新中期計画がスタート。創業以来蓄積した専門技術を活かし、
      コンピュータ制御関連事業を開拓する
2001年/ 当社陶芸グループが「あい工房株式会社」として独立する
2002年/ 『新創業』を宣言。“新しい時代に新しい技術をもって、新しい体制で挑戦”
2004年/ 環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001を取得する
2004年/ 従来の省エネルギータイプの製品から更なる省エネルギーを目指した
      新型アルミダイカスト用連続溶解保持炉を開発
2006年/ 品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001を取得する
2007年/ 異分野連携新事業分野開拓計画(新連携)の認定を受ける
2008年/ 浜松市から技術先端型企業の認定を受ける
2009年/ ものづくり中小企業製品開発等支援の認定を受ける
2011年/ 産学官連携研究開発助成事業の認定を受ける
2013年/ 戦略的基盤技術高度化の技術認定を受ける
2014年/ 新ものづくり開発助成事業の認定を受ける
2014年/ 新成長産業戦略的育成事業の認定を受ける




▲ページトップへ
 
本社:〒435-0046 静岡県浜松市東区丸塚町327 TEL.053-465-2222 FAX.053-465-2444
(本社周辺地図については下のアイコンをクリックしてください)
ヒートテックまでの道のり ヒートテックまでの道のり

開発センター:静岡県浜松市北区新都田1-9-8 浜松テクノポリス内
  TEL.053-428-4411 FAX.053-428-8800
   

▲ページトップへ
 

浜松ヒートテック株式会社 プライバシーポリシー